トップ / 医者に求められるものとは

医者に求められるものとは

医師の適性に関して

医師に求められる適性

医師に必要な適性は「継続的に努力する姿勢」「すぐにへこたれない精神力」そして「コミュニケーション能力」だといえます。医学はつねに新しい技術が入ってくるので、日頃から勉強する姿勢がたいへん重要ですし、新しいものに関心をもつ性格であることも重要です。また人の生死に直面する職業ですので精神力が問われます。コミュニケーション能力は医療業界には必須の能力ですが、とくに医師は患者のプライベートに踏み込む部分が大きいので、信頼を得られる態度が必要です。ですが、病理医になるのであれば、あまりコミュニケーション能力は問われません。そのため、自分に合う場所を選べばいいのではないでしょうか。ですが、もし人を助けたいという熱い思いを持っておられる方は、ぜひ産科か小児科か救急科を目指してください。その理由は、控訴リスクが高まっていて志望する医師が非常に少なくなってきているからです。最近では、控訴リスクに備えて医師同士が共済を設立するなど、リスクヘッジ策が検討され始めています。

バイト

医者に求められるもの

医師としての適性は学校の得意科目から考えましょう。基本的には理数系が得意な人のほうが向いています。人体についての知識が必要となりますし、薬の量などさまざまな計算をしなくてはならないからです。こうしたことから、医学部の試験では数学、化学、物理などを課しているところが多いです。英語の能力も求められます。最新の学説は英語の論文で発表されるので、新しい技術を学ぶためには英語を読む力が必要なのです。一方で、医師には国語の方が求められており、理系の科目は適性としてさほど重要ではないという意見を持つ人もいます。また、必要だと言われているものに、コミュニケーション能力があります。というのも、ほとんどの病気や疾患において、医者が病状を把握できることは限られており、大部分は患者が感じる痛みや違和感などが頼りになるものなのです。そのため、医者の最大の仕事は、患者から容態や病状を詳しく聞き出すことにあります。医師の適性があると感じたら、医師不足も顕著ですし、ぜひ人の命を救うために尽力していただきたいです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師への道と必要なもの. All rights reserved.