トップ

医師への道と必要なもの

医師に必要なもの

医師に必要なものとはなにか

医師は、日々の診察などを通じて、医療を極めるべく勉強をおこなっています。医学書の内容を理解するだけでは、知識も技能も身につくことはありません。医療行為の対象となる患者の存在があってこその研鑽になりますので、実践と経験がものを言います。医療スタッフ同士でのやり取りも大切になります。臨床面、看護、薬剤、栄養面などに携わるそれぞれの立場の見解や、他の科の捉え方などは、新たな気付きの連続であって、その共同体制は、垣根を超えたチーム医療としても成果を発揮するものになります。医師に求められる能力とは、知識だけではありません。まずは、命に直接関わる仕事であるために、責任感が強く使命感を持って仕事をすることが求められます。また、どんな患者に対しても真摯かつ思いやりを持って接する誠実さ、大切です。また、日々最新の医療技術や知識をを身につけていくための勉強熱心さや、体力ももちろんのこと必要です。医師であったとしても、完璧な人などおらず、評価を受けている人も日々の現場の中で磨かれていったことでしょう。とはいえ、人間は簡単に変われるわけではないので、もともとの適性もないとは言えないと思います。

バイト

医師になるための流れと勉強量

医師になるためにはまず医学部に入らなくてはなりません。高校進学時に理数科に進学するとよいでしょう。理数科のほうがより高度な内容を教えてくれますし、医学部への進学実績も多く進路指導が確実です。予備校や塾は必ずしも利用する必要はありませんが、もし通うなら「数学アドバンス」など上級コースを利用するとよいでしょう。一方で社会人から医師になることを目指す人は予備校を利用することをおすすめします。学士編入を行っている大学は複数ありますが、目指す大学に応じた対策が必要となります。予備校では面接対策もできます。また、医師になったらもう勉強は終わりではなく、本当の勉強は仕事についてからだと言われています。それは医学や技術の進歩により、新しい治療法や診断方法がどんどん開発されているからです。また、診療は顔を合わせてだけでなく、インターネットで遠くにいる患者の診断も可能になってきました。このように医療におけるスピードの進化は目ざましいため、常に最新の技術や治療法を吸収するように向上心旺盛に日々勉強していかなければなりません。

医師についての情報

新着情報

↑PAGE TOP

© Copyright 医師への道と必要なもの. All rights reserved.